贈答用最高級木札専門店

製材

工程1〜製材

 

札工房では、厚みの調整以外は、全て工房内で製材しています。

 

仕入れた角材等を均一の厚みに製材する際は、大掛かりな製材機械が必要になります。工房で行うのは、均一な厚みに製材して頂いた板材を、木札のサイズに切り出す部分からになります。

 

木札屋さんによっては、横幅まで製材所にてカットしてもらう所も多いようです。中には完全に木札サイズにカットしてもらったものを仕入れるお店もあるようですね。

 

札工房では、基本的には5mm厚の木札を規定サイズとして、幅や長さについては比較的柔軟にオーダーサイズ対応しています。厚みについては、製材に出す時間を余分に見て頂く必要はありますが、各種樹種ごとに仕入れルートは豊富に確保しておりますので、よほどの希少材でない限り、在庫にない材でも製材に出す期間程度の時間の猶予を見て頂ければ対応できます。

 

工程1〜製材

 

写真は御蔵黄楊を必要なサイズにカットしたところ。

 

お作りする木札のサイズより大きめにカットしています。ここから手作業で形を整えていきます。

 

次の工程(整型)へ