贈答用最高級木札専門店

取り扱い樹種数日本一

札工房では、取り扱い樹種数日本一を常に目指しております。

 

あえて控えめに「目指している」と言うのは、日本中の木札屋さんをチェックしたわけではないからで、たぶん日本一だとは思います。

 

札工房が、取り扱い樹種日本一を目指す理由

 

- 二番じゃダメなんですか?

 

そうですね。札工房が取り扱い樹種日本一を目指すのは、単にメニューの数を増やしたいということではなく、あらゆる樹種を取り扱うことで、木そのものへの理解を深め、各樹種に応じた最高の仕上がりを目指すことに寄与します。

 

日本一の取り扱い樹種を誇るということは、たった1枚お選び頂いた、その1枚の木札に対して、その木の持つ長所と短所を知り尽くした上で、日本で一番の仕上がりを実現するということです。

 

たった1枚の木札を作るに際し、最高の仕上がりにするための努力の一つの方向性として、札工房では常に取り扱い樹種日本一を今もこれからも目指してまいります。

 

木札に向かない樹種を無理矢理売ったりしません

 

木札に向かないとわかっていながら、儲けるためだけに不適切な木札を売ったりはしません。向かない材ははっきり「向かない」と表記します。

 

ただ、人にはそれぞれ「こだわり」があり、また木札を手にする目的も違います。常に身に着けて長く愛用するために木札をお求めになる方もいらっしゃれば、記念やゲン担ぎの目的で木札をお求めになられる方もいらっしゃることでしょう。

 

そんなお客様独自の「こだわり」を、当店の「こだわり」によって握りつぶしてしまうのは違うと思います。

 

そのため、木札に向かない材は「向かない」とはっきり表記しつつも、どこがどういう風に向かないのか、逆にどんな良い部分があるのかも説明し、選択肢としては提示させて頂き、お客様にお選び頂く。その選択肢を限りなく増やしていくことは、単なる当店の自己満足ではなくお客様満足につながるものと思っております。