贈答用最高級木札専門店

木札製作の苦労

木札製作において一番の苦労は、やはり「製作途中での失敗」ですね。


木札製作の苦労

加工中に、木材の「ささくれ」に触って引っかけてしまうことがあります。
ちょっとしたささくれであれば、木材を木札に仕上げる段階で削ってしまいますので問題ありません。ですが、ささくれにひっかけて、裂け目を大きくしてしまうと、もう削って丸めるには大きくなりすぎて、もうボツです。



木札製作の苦労

せっかく注文のサイズに木材を切り出し、製作しようとした木札ですが、残念ながら「作り直し」となります。失敗した材は捨ててしまうような資源の無駄遣いは出来ませんので、小さいサイズにリサイズして使うしかありません。

 

これは縞黒檀の中札Lサイズです。この傷ですと、中札のSサイズか、小札のLサイズになります。



特に製作時に失敗などしていなくとも、作り直しとなってしまうこともあります。


木札製作の苦労

虫食い穴です。
写真の虫食い穴は、製材した時にはなかったのです。必要なサイズに製材後、調整研磨を行います。その時、削ることで、中から虫穴が出現することがあります。
製材した時にはなかった虫穴ですから、「この虫はいったいどこからやって来たのか?」と不思議になりますが、実際こういうこともあります。



木札製作の苦労

特に写真のようなツートン材では、辺材を半分使いますから、心材と違って虫が食いやすいのです。
側面を綺麗に研磨していき、綺麗になって来たところで出現する虫穴。「最初に言ってよぉ〜〜。」と残念な気持ちになっても、虫穴は虫穴。やはり作り直すしかありません。

 

写真の木札は本紫檀ツートンの特大S。喧嘩札サイズです。



不注意で落としてしまうこともあります。


木札製作の苦労

世界一重い木の一つリグナムバイタと近似種のパロサント。緑が鮮やかな重硬材です。
こんなに硬い木でも、やはり木は木。落とせば破損することもあります。
手から滑り落ちた瞬間、「あぁ〜〜〜っ!やってもうた!」・・・どんなに叫んでみても、破損すれば作り直しです。



木札製作の苦労

これも、角を丸めて修復できる程度の割れではありません。サイズダウンして注文待ちの在庫とするしか仕方ありません。

 

写真の木札はパロサントの特大S。こちらも喧嘩札サイズです。



虫穴以外にも、削ってはじめて出現する傷を持った材があります。


木札製作の苦労

木材の割れは、必ずしも表面から始まると限ったわけではありません。材の表面、6面とも無傷の材であっても、中に割れがあるというケースもあります。
この場合、削っていると中の割れが出現することがあります。
こちらの材も、削って初めて傷が出てきました。木札のサイズが大きくなればなるほど、こうしたリスクは高くなります。



木札製作の苦労

ここまで加工して初めて出て来る傷・・・。なんて感傷に浸っている場合ではありません。せっかく頂いたご注文。すぐにでも作り直しに取り掛からないといけません。
失敗した材のリサイズは後回しに、とにかく作り直しです。

 

写真の木札はアフリカンブラックウッド(グラナディラ)の特大Sサイズ(喧嘩札サイズ)です。



傷と言いますか、「節」のようなものが中から出て来ることもあります。


木札製作の苦労

大まかな製材時は単なる模様のような色の濃い部分がありましたが、磨き工程に入って研磨していくと、節なのか入り皮なのか、小さな穴が出てきました。



木札製作の苦労

中からこういったものが出てくると、それ以上削っても、もう綺麗になることはほぼありませんので、やはりこれもボツです。

 

写真の木札は山桜の大札Sサイズです。女性やジュニア向け喧嘩札に最適につき、新たに正式サイズに加えたものです。



パッと見わからないような傷でも、よく見ると深めに凹んでいるような傷もあります。


木札製作の苦労

不注意で落下させて付く傷でも、角が傷ついた場合は比較的よく目立ちます。彫刻面の広い面積の部分が傷ついた場合、よく見ないとわかりづらいことがあります。
写真の木札のように、研磨がほぼ完成してから傷に気づくこともあり、気づいた時のショックは大きいです。

 

目をよく近づけてみて、ようやく傷があることがわかります。



木札製作の苦労

写真の木札はカリン材の特大Mサイズです。一般的には赤みのある材は、赤みの強い材ほど価値が高いのですが、カリンは赤みの弱い材のほうがリボン杢が強く出ることがあり個人的にはこちらが好みです。赤みが強い材はパドックに近い風合いですが、この色味のものはマホガニーのような強いリボン杢を持っていて、磨くと非常に綺麗です。マホガニーより断然木肌が緻密ですので、木札の素材として秀逸です。



彫刻まで完了してからボツになることもあります。


木札製作の苦労

傷や穴、節や入り皮は物によってはボツですが、汚れは磨いたり削ったりすることで綺麗になりますから、必ずしもボツとなるわけではありません。その判断を誤ることもあります。
写真の木札には、製材時から白い小さな点のような汚れがありました。爪でこすっても取れないので、彫刻が完了した後の仕上げ研磨で丁寧に磨けば落ちるだろうと、彫刻工程まで進めました。



木札製作の苦労

穴開けも終わり、仕上げ研磨の段階になって、どうやら汚れではなく、極小の節穴のようなものだとわかりました。裏面も仕上げ研磨すると、裏面からも白い点が出現します。裏表に貫通しているものですから、どれだけ削ってもなくなるはずがありません。

 

もちろんボツです。
写真の木札は縞黒檀の大札Sサイズです。



こうして丁寧に1枚1枚チェックしながら全行程を終え、ボツになる要素が一切なかった木札のみが、お客様の元へと届くことになります。

 

製作工程に戻る