贈答用最高級木札専門店

穴開け

工程4〜穴開け

 

穴あけは意外と重要な工程です。手を抜くと今までの工程がすべて「パー」に。堅い樹種は特に、油断すれば容赦なく割れが入ります。下穴ドリルで丁寧に下穴をあけてから、必要な穴サイズのドリル刃で木札の厚みの半分程度まで穴をあけ、裏返して裏から再度穴あけを行い、木札の厚みの中央付近でトンネルが貫通するように穴あけを行います。そうすることで木札の表面にバリを生じさせない穴あけが実現します。手間のかかる手順ですが、穴のために木札の品質を下げるわけにいきませんので、一穴一穴、丁寧に開けていきます。

 

工程4〜穴開け

 

穴が貫通すれば終わりではありません。面取りカッターで穴の入り口を舐めてあげます。最後にダイヤモンドヤスリの細丸で穴の内側を研磨して、穴あけ工程は終了です。

 

次の工程(研磨)へ